素肌

産後の妊娠線や肉割れ線は、後払いが可能な「ノコア」でアフターケアを。

妊娠、出産は女性にとって一大イベント。

愛おしい命との出会いは、何にも代えられない特別な時間です。

 

このような、感動的な赤ちゃんとの出会いですが、増えてしまった体重や妊娠線、肉割れ線、正中線など、身体に嬉しくない変化が起きることも・・・。

体重は食事制限や運動で何とかできますが、妊娠線や肉割れ線、正中線はそうはいきません。

 

くっきり残ってしまった全身の妊娠線や正中線の対処法はあるのか、詳しくチェックしていきましょう。

 

妊娠線・肉割れ線。正中線の原因は

 

妊娠線、肉割れ線の原因とは

 

妊娠中にできる妊娠線や肉割れ線に正中線。

 

その原因は一体どこにあるのでしょうか?

まずは、気になる線ができてしまった原因について、探ってみましょう。

 

妊娠線の原因

妊娠線ができる原因は、お腹が大きくなるタイミングで、急激に皮膚が伸ばされることにあります。

 

皮膚が伸ばされると、皮下にある「真皮」が裂けてしまい、消えない線になってしまうでしょう。

妊娠中、大幅に体重が増えてしまった人、元々小柄であったり、痩せていたりする人、双子ちゃんや三つ子ちゃんを妊娠している人などは、特に妊娠線ができやすくなります。

 

また、もともとぽっちゃり体型で、妊娠中の体重増加がそれほどではない……という場合も、妊娠線はできない訳ではありません。

 

ぽっちゃり体型の場合、皮下脂肪が多い傾向にあるのですが、皮下脂肪は皮膚のように柔らかく伸びてくれないため、妊娠線ができる原因となります。

二人目、三人目を出産する経産婦さんも、妊娠線ができやすいでしょう。

 

出産経験のある女性のお腹は、一人目よりも早く大きくなるため、油断しているとあっという間に妊娠線ができてしまいます。

 

お腹だけでなく、お尻やふともも、胸まわり、ヒザ、二の腕などにできる場合もあり、妊娠線予防クリームの塗り忘れで、うっかり裂けてしまうケースも少なくありません。

 

肉割れ線の原因

ダイエットや急激な体重増加で起きる肉割れ線。

 

その原因も、妊娠線と同じで、皮下の真皮が裂けてしまったことに起因します。

 

あーちゃん
大きく言えば、妊娠線も肉割れ線の一種と言えますね。

 

今後、妊娠、出産を終えた後も、体重変化で肉割れ線ができる可能性が十分にあります。

妊娠線と違い、いつ体重が増えるか分からないため予防しにくい、といった点にも注意が必要です、

 

正中線の原因

妊娠中、おへそから真下に伸びるように現れる線を正中線と呼びます。

 

正中線の有無は、体重の増減とは関係なく、妊娠によって女性ホルモンのバランスが変化したことが主な原因です。

妊娠したことで、普段よりも多くの女性ホルモンが分泌された結果、色素が沈着しやすくなります。

 

あーちゃん
妊娠後、赤ちゃんへ分かりやすいように、乳首の色が濃くなるのも、同じ理由です。

 

乳首だけなら出産に必要なこと、と諦められますが、その他の部分も色素が沈着しやすくなるのは大きな問題です。

正中線が濃くなるだけでなく、シミやそばかすが増える、といったトラブルが起きる場合もあるでしょう。

 

出産後は自然と薄くなっていきますが、人によっては正中線が残ってしまうケースもあるため、早めの対策がベストです。

 

妊娠線や正中線を消す方法をチェック!

できてしまった妊娠線や正中線。

 

出産後に消すことはできるのでしょうか?

次は、妊娠線や正中線の、正しい対処法をチェックしてみましょう。

 

妊娠線・肉割れ線を消す方法

真皮が裂け、妊娠線や肉割れ線になってしまった跡。

 

この、一度裂けてしまった部分は、残念ながら元に戻すことはできません。

 

そのため、妊娠線ケアでは、できるだけ目立たなくする方法を、見つけることになります。

 

手段は大きく分けて、、、

  • 皮膚科などのクリニックで治療を受ける
  • クリームやオイルを使用して肌状態を整える

 

の2つです。

 

クリニックでの治療は、医師が施術を行うため、短時間で効果を感じやすいというメリットがあるでしょう。

 

妊娠線や肉割れ線の跡がかなりきれいになりますが、

  • 産後の女性は子育てで忙しくクリニックへ通う時間がない
  • 保険が適用されないため治療費が高額になりがち

 

といったデメリットもあります。

 

クリームやオイルを使用した対策は、裂けてしまった真皮ではなく、表皮に働きかける方法です。

 

しっかり保湿してあげることで、肌状態の改善が期待できるでしょう。

こまめなケアを行った結果、表皮の状態が整っていきます。

やがて、その下にある妊娠線や肉割れ線が見えにくくなるでしょう。

 

肌のターンオーバーを促すためには、質の良い睡眠や食事も重要です。

産後のママは、赤ちゃんのお世話に追われ、自分の時間を持つことが難しくなりますが、、、

  • 眠れる時は寝る
  • できるだけ身体に良いものを食べる
  • 家事や育児を手分けしてストレスを溜めない

 

といった配慮も必要です。

 

あーちゃん
だんなさんのサポートが必要不可欠ですね。

 

正中線を消す方法

正中線の原因は、色素の沈着と言われています。

 

妊娠線や肉割れ線のように、皮膚が裂けてしまったわけではないため、早めのケアできれいなお腹を取り戻せるでしょう。

対処法としては、、、

  • 黒ずみを改善してくれる
  • 美白効果を持った化粧水やクリームなどのアイテムを取り入れる

 

ことが正解です。

 

保湿を同時にできる商品を選べば、肌の生まれ変わりを促し、よりスピーディにケアを行えます。

 

色素沈着にはビタミンCも有効なため、食事やサプリメントで補ってあげるのも良い方法です。

 

あーちゃん
内面からもアプローチすることで、より早く正中線が消えていくでしょう。

 

妊娠線、肉割れ線対策と同じく、良質な睡眠やストレスの少ない生活を心がけることも大切です。

 

早く対処したいなら専用クリームがおすすめ

 

妊娠線、肉割れ線を早く消すならノコア

 

妊娠線、肉割れ線、正中線を早く何とかしたいなら、専用クリームを選ぶのが最善です。

 

「保湿できれば何でもOK!」

 

と適当な化粧水やクリームを塗っているだけでは、頑固な妊娠線や正中線は、なかなか消えてくれません。

肌状態を向上させるためには、肌の奥まで潤いを届ける必要があります。

 

保湿力や浸透力の高い、妊娠線対策専用のクリームやオイルを選ぶことで、外部刺激から肌を守りながら、ターンオーバーをサポートできるでしょう。

 

人気の専用クリーム「ノコア」の実力をチェック!

妊娠線、肉割れ線、正中線ケアには、専用クリームが最適だと分かりました。

 

ところが、妊娠線、正中線対策のクリームは種類が多く、本当に実力のあるクリームはどれなのか、迷ってしまうママも多いでしょう。

 

そんな時には、口コミサイトなどで人気となっている「ノコア」が妊娠線、肉割れ線でお悩みのあなたへピッタリかもしれません。

 

ノコアは、一般的なクリームと違い、オイルとクリームがセットになっています。

先にブースターオイルを使用することで、クリームの浸透力を高め、表皮の状態をすばやく整えてくれます。

 

また、クリームには3種類の浸透成分、18種類の最先端美容成分、17種類の高保湿成分がぎゅっと含まれている贅沢な処方となっています。

 

その中には、油溶性のビタミンC誘導体VC-IP、水溶性のビタミンC誘導体であるFuncosC-ISの2種類が含まれているため、妊娠線にも、正中線に同時にアプローチできる点が大きな特徴です。

10種類の無添加、安心の日本製、GMP認定工場での製造など、出産後の肌にやさしい成分になっている点も支持されている理由の一つ。

 

今なら浸透ケアセット定期便の申し込みで、オイル無料のキャンペーンが行われています。

 

あーちゃん
キャンペーンの終了は早まる可能性もありますので、早めにチェックしておいても良さそうですね。

 

万が一肌に合わなかった場合も、10日間の返金保証があるため安心です。

 

まとめ

妊娠線、肉割れ線、正中線は、日頃のケアで薄く目立たなくできることが分かりました。

 

子どもと一緒に、プールや海などのレジャーを思いっきり楽しむためにも、早めのケアを始めましょう。

忙しいママの妊娠線、正中線対策には、専用クリームを使用しての自宅ケアがおすすめです。

 

どの専用クリームが良いかで迷ったら、先輩ママからの嬉しい声がたくさん届いている、ノコアを選んでみましょう。

 

出産後も綺麗な肌を維持している人っていますよね。

 

そう。

あきらめるのはまだ早いんです。

 

妊娠線や肉割れ線、まだそのままにしておくんですか?

次はあなたが後輩ママたちもうらやむ肌を取り戻す番です。

 

参考になれば幸いです。

-素肌

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.