素肌

キレイな手にする方法。美人は総じて手も美しい!

美人と評価される人は、総じて手が美しいものです。

つまり、美人になりたいのなら、「手をキレイにする方法」も習得すべきなのです。

 

あーちゃん
実際、世の男性の多くは、女性の手を見ているものです。

 

「手肌をキレイにする方法」と「爪をキレイにする方法」を習得する

手をキレイにするためには、「手肌をキレイにする方法」「爪をキレイにする方法」を習得することが大切です。

つまり、手肌と爪をキレイにすると、「手がキレイ」だと思われるわけです。

 

ここからは、「手肌をキレイにする方法」「爪をキレイにする方法」を、分けて紹介していきます。

 

手肌をキレイにする方法

手をきれいにする方法

 

まずは、手肌をキレイにする方法について、紹介していきます。

 

やはり、手肌がキレイですと、男性はときめきやすいものです。

手肌をキレイにする方法は、どれも簡単にできることですので、気軽に実践してみてください。

 

低刺激性ハンドソープを使う

刺激の強いハンドソープで手洗いすると、手肌は荒れがちです。

仮に、手肌が荒れていたら、「ボロボロな手だな」と思われることでしょう。

 

一方で、低刺激性ハンドソープを使えば、手肌は荒れにくいです。

極端な話ですが、100%天然素材である純石鹸を使えば、かなりの確率で手肌は荒れません。

純石鹸についての体験談を紹介下記事で詳しくお話していますので、純石鹸を詳しく知りたい場合こちらもお役立てください。

100%天然素材で安心
体の湿疹は、純石鹸で改善するかも「純石鹸で体を洗うこと」のススメ

ボディソープを純石鹸に変えれば、体の湿疹が改善するかもしれません。 もし、原因不明の湿疹に悩まされて ...

続きを見る

 

このように、手肌をキレイにするためには、低刺激性ハンドソープ(または純石鹸)を使うことが大切なのです。

また、「手に触れるもの」も、なるべく低刺激性のモノを選びましょう。

 

あーちゃん
例えば、食器用洗剤なんかは、毎日のように使いますよね。

 

やはり、低刺激性の食器用洗剤を使えば、手肌は荒れにくくなるでしょう。

 

定期的に保湿をする

保湿された手はツヤツヤしており、「キレイな手肌」だと評価されます。

従って、定期的に手肌を保湿することが、大切だと言えるでしょう。

 

特に、寒い季節は手肌が乾燥しがちですので、保湿を忘れないようにしてください。

やはり、カサカサした手ですと、「キレイな手肌」とは思われません。

 

ハンドクリームやワセリンを使えば、手は保湿されるので、定期的に使うようにしてください。

 

毛の処理をする

手肌に毛が生えていたら、「キレイな手」とは言えません。

 

従って、手肌をキレイに見せるためには、毛の処理をすることが大切です。

特に、指に生えている毛は、剃り忘れが生じがちなので、注意をするようにしてください。

 

よく、剃り忘れの毛が、指に1本だけ生えていることがあるんですよね。

もちろん、1本でも剃り残しがあると、「キレイな手」とは言えないでしょう。

 

意外と、男性は「女性の毛の剃り残し」を見つけて、残念がるものです。

だからこそ、指の毛も剃り残しがないよう、きちんと処理すべきなのです。

 

爪をキレイにする方法

爪をきれいにする方法

 

ここからは、爪をキレイにする方法について、紹介していきます。

いくら、手肌がキレイでも、爪が汚いと、「キレイな手」とは評価されません。

 

あーちゃん
では、どのようにすれば、キレイな爪を手に入れられるのでしょうか。

 

定期的に長さを整える

爪切りや爪ヤスリを使って、定期的に爪の長さを整えてください。

 

やはり、爪の形が美しいと、「爪がキレイ」と思われやすいです。

可能であるのなら、爪ヤスリを使って、爪の長さを整えてください。

 

爪切りは「爪を切って長さを整える方法」であることに対して、爪ヤスリは「摩擦で長さを整える方法」になります。

そのため、爪ヤスリを使ったほうが、爪に負担がかかりにくいのです。

 

ただ、爪切りを使うにしても、必ず仕上げとして爪ヤスリで磨くようにしてください。

 

あーちゃん
最終的に爪ヤスリで爪を磨かなければ、「キレイな爪」は完成しないでしょう。

 

爪磨きをしてツヤ出しする

爪磨きをすることで、爪にツヤを出すことができます。

 

やはり、ツヤのある爪のほうが、「キレイな爪」だと思われるでしょう。

確かに、面倒なことではありますが、キレイな手だと評価されるためにも、定期的に爪磨きもするようにしてください。

 

甘皮処理をする

甘皮処理をすれば、爪の面積が広がるわけです。

 

そのため、「爪が長い」と、感じてもらうことができるでしょう。

もちろん、爪が長く見られるわけですから、「指や手が長い」と思ってもらうこともできます。

 

甘皮処理をすることも、手をキレイに見せるためには大切なことなのです。

面倒なことではありますが、やはり手をキレイに見せるためにも、定期的に甘皮処理をしていきたいものです。

 

ささくれ処理をする

ささくれが伸びていると、キレイな手だとは言えないでしょう。

 

また、ささくれが不意に剥けてしまうと、指から血が出ることがあります。

やはり、キレイな手だと評価されるためには、定期的なささくれ処理も重要になるでしょう。

 

あーちゃん
爪の長さの整え・爪磨き・甘皮処理に加えて、ささくれ処理も定期的に行うようにしてください。

 

爪中のゴミに注意する

爪中にゴミが入っていると、「不潔」だと思われてしまいます。

 

しかし、爪中にゴミが入る機会は、意外に多いものです。

 

あーちゃん
雑巾を絞っただけでも、爪中にゴミが入ることがあります。

 

爪中にゴミが入る機会が多いからこそ、なるべく注意をすることが大切です。

 

あーちゃん
ちなみに私は、必ず食後に、爪中にゴミが入っていないか注意しています。

 

つまり、1日3回は、爪中にゴミが入っていないか、注意をしているのです。

このように、1日に数回、爪中のゴミの確認をすれば、「清潔な爪中」を維持することができるはずです。

 

ネイルサロンに通う

ネイルされた爪って、とてもキレイですよね。

 

もし、仕事に支障が出ないのなら、ネイルを楽しんでもいいでしょう。

もちろん、店で用具を購入すれば、自分でネイルをすることもできます。

しかし、私はネイルサロンで、ネイルをしてもらうことをオススメしています。

 

やはり、ネイルサロンに行けば、プロ(ネイリスト)がネイルしてくれるわけですから安心ですね。

 

そのため、よりキレイな爪に、仕上げることができるのです。

ちなみにネイルサロンによっては、爪のケアのみをしてもらうこともできます。

 

つまり、ネイルサロンによっては、爪磨き・甘皮処理・ささくれ処理のみをしてもらうこともできるのです。

 

あーちゃん
もし、自分で爪のケアをするのが面倒なのであれば、ネイルサロンに頼ってみてもいいでしょう。

 

まとめ

手がキレイであれば、より美人であると評価されます。

 

つまり、美容を意識するのなら、手のキレイさも意識すべきなのです。

「手肌をキレイにする方法」「爪をキレイにする方法」を習得することで、キレイな手を実現することができます。

 

あーちゃん
少し面倒なこともありますが、より美人になるためにも、キレイな手を目指してみてください。

-素肌

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.