素肌

肌に優しいムダ毛処理はボタニカル除毛剤!恥ずかしいところも5分でつるスベを実現するラグジーブレア

毎日のムダ毛処理、どんな方法を選んでいますか?

 

カミソリ、毛抜き、除毛剤、家庭用脱毛器、サロン・クリニック脱毛など、様々な選択肢があり、あなたは迷っていることと思います。

 

どの脱毛方法を選んでも、肌へのダメージがゼロではありません。

だからといって、ムダ毛処理をしない訳にはいかないのが女性の辛いところですよね。

 

そこで、肌に一番優しい脱毛法はどれなのか、徹底的に調べてみることにしました。

 

あーちゃん
SNSで話題になっているラグジーブレアの詳細も、詳しくご紹介いたします!

 

 

ムダ毛処理にはどんな方法があるの?

一年を通して気になる、身体中のムダ毛。

 

処理するにはどのような方法があるのでしょうか?

まずは主な脱毛方法を確認してみましょう。

 

カミソリでのムダ毛処理

カミソリでのムダ毛処理は、もっともポピュラーな方法です。

 

市販のカミソリを使用して、気になる部位のムダ毛を剃っていきます。

一度に広範囲を処理できるため、足や腕などの処理に多く使われていますよね。

 

家電量販店やコスメショップで購入できる、電気シェーバーもカミソリの一種です。

 

毛抜きでのムダ毛処理

毛抜きでのムダ毛処理は、気になる毛の根元を毛抜きで1本1本つまんで抜き去る方法です。

 

手間はかかりますが、毛根から抜き去ることで、しばらくの間毛が生えにくくなるでしょう。

ワキや眉など、ピンポイントの処理でよく使われる方法です。

 

除毛剤でのムダ毛処理

除毛剤は、気になる部分に塗って放置することで毛を溶かす除毛法です。

 

毛の主成分であるタンパク質を溶かすため、毛穴の中に埋もれた毛へもアプローチが可能です。

手軽な方法ですが、商品によっては肌を傷める恐れがあるため、選び方に注意しましょう。

 

家庭用脱毛器でのムダ毛処理

家庭用脱毛器でのムダ毛処理は5万円~10万円程度の器械を購入し、脱毛を行う方法です。

自宅で手軽に脱毛できますが、サロンやクリニックのマシンよりも脱毛力が弱いため、脱毛完了までに時間がかかるという特徴があります。

 

サロンやクリニックでのムダ毛処理

ムダ毛を確実に減らしたいなら、脱毛サロンやクリニックを選ぶという方法があります。

 

通いやすい立地のサロンやクリニックを探して通う形が一般的です。

月額制、もしくは1回ごとに決められた価格で施術が行われ、サロンよりもクリニックの方が高額になります。

 

脱毛方法別のメリット・デメリットが知りたい!

ムダ毛処理には大きくわけて5つの方法があることが分かりました。

それでは次に、脱毛方法別のメリット・デメリットをチェックしてみましょう。

 

カミソリを選んだ際のメリット・デメリット

ドラッグストアやコンビニ、スーパーなど手軽に購入できるカミソリ。

  • 短時間で処理が完了する
  • ムダ毛処理に必要なコストが安い

 

という点が主なメリットです。

 

デメリットとしては、、、

  • カミソリで肌を傷つけてしまう恐れがある
  • 根元でスパッと切るため、生えてきた毛が濃く見える
  • 朝処理しても、夜にはチクチクとした毛が生えてしまう

 

といった点が挙げられます。

 

「ムダ毛処理にコストをかけたくない」

「毎日ムダ毛処理を行う時間がしっかりある」

 

という場合には向いていますが、

 

「カミソリで肌が荒れやすい」

「できるだけムダ毛処理に手間をかけたくない」

 

という場合であれば避けるようにしましょう。

 

毛抜きを選んだ際のメリット・デメリット

毛抜きで処理を行うメリットは、狙った毛を確実に抜き取れる点です。

眉やワキなど、1本1本アプローチができるでしょう。

 

デメリットとしては、

  • ムダ毛処理に時間がかかる
  • 痛みを感じやすい
  • 毛穴からの出血や、脱毛後のポツポツが出る場合がある
  • 手が届かない部分の処理ができない
  • 眉などを抜き過ぎた場合、生えてこないケースがある

 

といった点が挙げられます。

 

あーちゃん
毛抜きでの処理は、肌への負担やデメリットが大きい方法のため、できるだけ控えるようにしましょう。

 

除毛剤を選んだ際のメリット・デメリット

塗って時間をおくだけで、ムダ毛処理ができる除毛剤。

ほとんどの部位に使えるため、忙しい女性や、面倒なことが苦手な女性から支持されているムダ毛処理方法です。

 

除毛剤によっては、

  • 除毛しながら肌を保湿してくれる
  • 毛穴の奥の毛にもアプローチしてくれる
  • 商品によっては抑毛効果もある

 

といったメリットもあります。

 

デメリットとしては、

  • 洗い流す必要があるため、外出先で使用できない
  • 商品によっては刺激が強いものもある

 

といった点が挙げられます。

 

似たタイプの商品に、貼って剥がす脱毛テープがありますが、こちらは肌への負担が大きいため、おすすめできません。

 

家庭用脱毛器を選んだ場合のメリット・デメリット

家庭用脱毛器は、

自宅にいながら好きな時に好きなだけ脱毛処理が行える

 

というメリットがあります。

 

大変便利な方法ですが、

  • 本体の価格が高い
  • 痛みが気になり続けられない場合がある
  • 手の届かない部位は処理が難しい
  • 満足いく状態になるまで時間がかかる
  • マシンの力が弱い場合、脱毛できないこともある

 

といったデメリットがあることを覚えておきましょう。

 

サロンやクリニックを選んだ際のメリット・デメリット

脱毛サロンやクリニックでのムダ毛処理は、

  • 医師や手慣れたスタッフにすべて任せられる
  • ムダ毛が再度生えてこない状態を目指せる

 

といったメリットがあります。

 

一度は憧れる方法ですが、

  • 他の方法に比べ費用が高い
  • クリニックやサロン卒業まで時間がかかる
  • 痛くて通い続けられないケースがある

 

といったデメリットにも注意が必要です。

 

失敗しない!肌を大切にしてくれる除毛剤の選び方

時短・簡単・お風呂でムダ毛ケア

 

カミソリ、毛抜き、除毛剤、脱毛器やサロン、これらの方法を比較した結果、もっとも肌に優しく短期間でつるつる肌になれるのは、除毛剤であることが分かりました。

ムダ毛処理に除毛剤を選ぶ女性が増えていますが、失敗しないためにも、デメリットの一つである刺激が強すぎる商品を避ける必要があります。

 

安心して使い続けられる除毛剤を選ぶなら、

  • 肌にやさしいボタニカル処方
  • 敏感肌にも配慮した成分
  • 脱毛後の肌を整える保湿力がある

 

といった点に注目してみましょう。

 

「お風呂でも使えるウォータープルーフタイプ」

「続けやすい価格」

「抑毛効果が高く、次の処理までのサイクルが長い」

 

といった点も重要なポイントです。

 

そこで、これらすべての希望を叶える除毛剤がないか探してみたところ、「ラグジーブレア」にたどり着きました。

 

次は、ラグジーブレアがYoutubeやSNS、ブログなどで絶賛されている理由に迫ってみましょう。

 

要チェック人気除毛剤「ラグジーブレア」の魅力

除毛剤を選ぶなら、なんといっても肌に優しい成分が重要。

 

そこで、ラグジーブレアの中身をチェックしたところ、

  • 21種類のボタニカル成分
  • 殺菌効果の高いカテキン
  • 保湿効果の高いサボニン
  • 美肌効果の高いビタミンC

 

などなど贅沢処方であることが分かりました。

 

高い保湿力や美容成分を持つため、脱毛成分であるチオグリコール酸カルシウムをしっかり含みながらも、肌荒れを防ぎ、美肌に導いてくれます。

 

あーちゃん
保湿力が高いため、アフターケアが必要ない点も嬉しいですね。

 

ISO9001認証の安全な工場で製造、アレルギーテスト済みのため、敏感肌でも安心です。

直塗りタイプなので常に衛生的に保たれる点も、愛されている理由です。

 

塗った後は5分で除毛完了。

 

除毛だけでなく抑毛効果が高いため、除毛後のケアが楽な点もラグジーブレアの大きな特徴です。

 

毎日が忙しいあなたへまとめ

ムダ毛処理は継続して行う必要があるため、短時間で処理を完了でき、肌にやさしい成分であることが重要です。

インバス仕様のラグジーブレアは、お風呂で塗り、5分で流すだけでOKのため、仕事や家事・育児が忙しい女性でも、問題なく続けられるでしょう。

 

「面倒なムダ毛処理から開放されたい!」

 

というお思いであれば、家庭用脱毛器や脱毛サロンよりも安価な除毛剤を、是非試してみてください。

一瞬で仕上がる「つるスベ肌」に、感動すること間違いなしです!

 

参考になれば幸いです。

-素肌

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.