体型

口コミで話題のととまえ茶は産後のダイエットに最適。身体に負担をかけないことが大切

妊娠・出産後の身体は、妊娠前と比べて大きく変化しているもの。

 

「赤ちゃんの体重は3000g程度なのに、体重が10kg以上増えてしまった……」

 

というケースも多く、出産早々から、産後ダイエットの方法を探し始めているかもしれません。

 

あせってしまう気持ち私もありました。

 

とはいえ、産後の身体は見えない部分に多くのダメージを受けている状態。

さらに、慣れない育児生活で生活環境が乱れてしまうため、無理なダイエットはNGです。

 

「じゃあ、どうしたらいいの?」

 

そんな声に応えるべく、出産後すぐからスタートできる、身体に優しいダイエット法や、産後のダイエットティとして注目を集める、話題の「ととまえ茶」をご紹介いたします。

赤ちゃんやあなたのからだを第一に考え抜かれた産後のからだを元のあなたのスタイルにしてくれるかもしれないダイエットティです。

 

あーちゃん
自分のライフスタイルや身体に状態に合った方法を、見つけてみてくださいね。

 

覚えておきたい産後の身体が受けているダメージ

手術をともなう帝王切開はもちろん、通常分娩の場合でも産後の身体は大きなダメージを受けています。

見た目は妊娠前とほとんど変化がないため、つい無理してしまいがちですが、早期の回復を目指すためにも、まずは身体をいたわってあげましょう。

 

主なダメージとしては、

  • 見えない部分の炎症や傷
  • 帝王切開や会陰切開の傷

 

が挙げられます。

 

さらに、産後の後陣痛や痔、筋肉痛、神経痛、関節痛などから、なかなか解放されない例もあります。

赤ちゃんのお世話が始まると、今度は乳腺炎にゅうせんえんや、産後うつ、睡眠不足といったトラブルが起きる場合もあり、ママの身体は休まる暇がありません。

この時期に頑張ってダイエットをしてしまうと、栄養不足や過度の疲労で体調を崩しやすくなってしまうため、体型戻しは身体の状態が落ち着いてから行うようにしましょう。

 

「ダイエットは1日も早く始めた方が良い」

 

という意見もありますが、ダイエットの方法が正しければ、いつからでもちゃんと体重を落とすことができます。

 

芸能人やモデルさんはイメージがあるため、無理をしてでも痩せようとしますが、ママの身体のことを考えるなら、焦りは禁物です。

 

産後の体重がなかなか戻らないのはどうして?

産後の体重が落ちない理由とは

 

出産前はなんとなくコントロールできていた体重。

それが、出産したとたん、元に戻らなくなるのは一体なぜなのか、不思議ですよね。

 

これには大きく分けて2つの理由があります。

 

体重が戻らない1つ目の理由母乳で育てていることによる食欲増

母乳を作るためにと、妊娠前や妊娠中よりも食欲が旺盛になり、体重が戻らなかったり、逆に増えてしまったりする場合があります。

授乳中は何を食べても太らないゴールデンタイム、とも言いますが、体重が増えてしまうほどの食事はNG!

 

太りやすいスイーツなどは、乳腺炎の原因にもなるため、まずは栄養バランスを見直し、野菜やタンパク質中心の食事を意識してみましょう。

 

体重が戻らない2つ目の理由運動量の低下

赤ちゃんのお世話中は24時間体制でつきっきりになることが多く、赤ちゃんのミルクとオムツ替え、それが終わった合間に家事を終わらせて、空いた時間は一緒に昼寝……といった生活が待っています。

これまで適度な運動をしていたり、通勤で身体を動かしていたり、といったタイプの人が、このお世話生活に入ってしまうと、身体は疲れるのに消費カロリーは圧倒的に少ない、という状況に陥ってしまうでしょう。

 

1日中家にいるため、

 

「空いた時間に何か食べておこう」

 

と考えることも多く、早食いになってしまったり、普段より食べ過ぎてしまったり、という例も多くみられます。

 

辛い産後でもはじめられるおすすめダイエット法

産後の生活環境はどうしても太りやすく、また身体の為にも無理なダイエットは避けるべきだと分かりました。

それでは、どのようなダイエットが、産後に適しているのでしょうか?

 

あーちゃん
次に、産後ママが今すぐはじめられる、ダイエット法をチェックしてみましょう。

 

ダイエッター向けの食事はOK!

「産後はしっかり食べなきゃダメ、食事を減らすなんてとんでもない!」

そう考えがちですが、いわゆるバランスのよいダイエット食は、産後ママにぴったりです。

  • 主食を抜く
  • 1食を置き換える
  • 単品ダイエット

 

といった、身体に負担のかかる方法は避け、1日の摂取カロリーは必要な分を下回らないようにしましょう。

 

その上で、

  • 3食バランスよく食べる
  • 野菜から先に摂る
  • 糖質の低い食事を選ぶ
  • おやつはスナック菓子やスイーツではなくチーズやナッツに変える
  • 糖分の多いジュースは控える

 

といった配慮を行うと、緩やかに体重減を目指せます。

 

赤ちゃんと一緒に身体を動かす

産後ママは自分の時間がなかなか取れず、ジムへ行ったり、スポーツをしたり、といった行動が難しくなるでしょう。

そんな時には、赤ちゃんとのスキンシップ時間を利用しても運動がおすすめです。

 

赤ちゃんを抱っこしながらスクワットをしたり、ウエストをひねったり、そんな小さな運動も毎日積み重ねていけば、体型が絞られていきます。

気候が良い時には、お散歩を兼ねてベビーカーで積極的に外出してみましょう。

 

買い物へ行く際などはつい車に乗りたくなりますが、ベビーカーでの外出は、カートへ乗せかえる手間を省けるため、「慣れたら楽!」という先輩ママの声が多く届いています。

 

ながらストレッチ&筋トレを習慣づける

赤ちゃんのお世話を中心に、基本的に家で過ごすママは、ストレッチや簡単な筋トレを取り入れましょう。

特に産後は筋肉が落ちているため、筋トレを行うことで、消費カロリーをしっかりと増やすことができます。

 

また、継続するためにも、「辛い」「無理」と感じるメニューは選ばないようにしましょう。

 

かんたんにできるストレッチ&筋トレ例

  1. 座ったまま腹筋を意識してお腹を引き締める
  2. 肩甲骨を寄せて背中の筋肉を鍛える
  3. 歯磨きやお皿洗いをしながらかかとの上げ下げ(産後の骨粗しょう症予防にも◎)
  4. 見える位置にダンベルを置いて胸筋のトレーニング
  5. 寝かしつけながら、足を上げ下げする

 

このように、赤ちゃんと一緒の生活でも、気軽にできるストレッチや筋トレがたくさんあります。

 

あーちゃん
自分に合った方法を見つけて習慣化すれば、自然にサイズダウンしていくでしょう。

 

お世話でヘトヘトなママに!飲むだけ「ととまえ茶」の魅力をチェック!

ととまえ茶

 

食事や運動の見直しをしたいけれど、慣れない育児生活でまったく余裕がない!

そんなママは、飲むだけで身体の巡りをととのえる「ととまえ茶」を取り入れてみましょう。

 

ととまえ茶は、母乳ママでも安心の無添加、無着色、無香料、ノンカフェインのダイエットティーです。

  • ビタミンやミネラルが豊富なルイボスティー
  • 母乳の分泌量アップや冷え性改善が期待できるたんぽぽ
  • 食物繊維やビタミンを摂取しながら、脂肪の蓄積を防ぐ桑の葉
  • 糖質の吸収阻害やコレステロール分解をサポートしてくれる杜仲茶
  • 食物繊維やポリフェノールが豊富なヤーコン
  • 美肌に導くビタミンCや鉄分、カルシウムが豊富なローズヒップ

 

この6種のハーブが、身体にビタミンやミネラルなどを補給しながら、血の巡りをサポートしてくれるため、ダイエットだけでなく、

  • 母乳の質を良くしたい!
  • 産後の肌荒れを改善したい!
  • 産後のむくみが気になる……
  • 出産後に便秘になってしまった

 

というママにもおすすめの商品となっています。

 

ママが元気でいることは何より重要まとめ

産後はつい赤ちゃんのことを優先してしまいがちですが、ママが元気でいることは何より重要です。

体型が元に戻らないと、それだけで憂うつな気持ちになってしまう場合もあるため、無理のない範囲で理想の体重を目指していきたいですね。

 

今は何をする元気も余裕もない……。

 

という場合は、母乳の質を良くしながら、身体に元気を取り戻せる「ととまえ茶」の力を借りて、ゆっくりと元の自分を取り戻していきましょう。

ととまえ茶

今すぐ申し込む

※先着500個【限定価格】

 

参考になれば幸いです。

-体型

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.