香水

30代女性の香水の選び方。モテるためには、どんな香水を選べばいい?

「香水を買いたい30代女性」に向けて、モテる香水の選び方を提案していきます。

はたして、どのようにすれば、自分に合う香水と出会えるのでしょうか。

 

また、モテるためには、どのように香水を選べばいいのでしょうか。

 

自分のファッション系統を把握する

ギャル系・ガーリッシュ系・コンサバ系など、とても多くのファッション系統がありますよね。

「自分はどんなファッション系統なのか」を、把握するようにしてください。

 

やはり、モテる香水を選ぶためには、自分のファッション系統を把握することが大切なのです。

 

ファッション系統に沿った香水を選ぶ

例えば、あなたのファッション系統が、コンサバ系であるとします。この場合、「コンサバ感が漂う香水」を選ぶべきでしょう。

「コンサバ感が漂う香水」とは、「落ち着いた香りの香水」「主張しすぎない香りの香水」といったところでしょうか。

 

このように、モテたいのであれば、ファッション系統に沿った香水を選ぶようにしてください。

 

ファッション系統に沿った香水をつけると、印象に残りやすい

例えば、ファッション系統がコンサバ系の人が、「コンサバ感が漂う香水」をつけるとします。

 

この場合、よりコンサバな雰囲気が漂い、コンサバ系女子であることを、強く印象つけられます。

ワイルドな外見の男性が、「ワイルド感が漂う香水」をつけていたら、かなり印象に残りますよね。

 

このように、ファッション系統に沿った香水をつけると、印象に残りやすいのです。

 

そして、印象に残りやすいわけですから、モテやすくなるでしょう。

 

香水ブランドに注意する

選ぶ香水のブランドに注意

 

モテる香水を選ぶ際には、ブランドに注意することも大切です。

 

やはり、ウケのいいブランドの香水を使えば、モテにも繋がります。

では、どのようなふうに、香水ブランドを選ぶべきなのでしょう。

 

30代に合う香水ブランドを選ぶ

ブランドによって、ターゲットとする年代が異なります。

 

やはり、あなたが30代であるのなら、「30代に合う香水ブランド」を選ぶべきでしょう。

よく、30代であるのにも関わらず、「20代向け香水」など、自分の年齢に合わない香水を選ぶ人がいます。

 

しかし、そのような香水を選ぶと、香りが浮いてしまい、モテには繋がりません。

ブランドがターゲットとする年代は、ネットなどで調べることができます。

 

ぜひ、香水を買う前には、「この香水ブランドは30代に合うのか」ということを、確認してください。

 

有名すぎない香水ブランドだとモテる?

「どこのブランドの香水を使ってるの?」と、男性から聞かれたとします。

 

この場合、有名ブランドの名前を答えてしまうと、男性の心には響きません。

 

一方で、有名すぎないブランドの名前を答えると、男性から関心を持たれやすいものです。

例えば、「通な香水を使ってるんだ。オシャレなんだろうな」という具合に、関心を持たれやすいものなのです。

 

あーちゃん
だからこそ、有名すぎない香水ブランドを選ぶことを、オススメします。

 

ただ、マイナーすぎる香水ブランドは、なかなかオススメできません。

やはり、マイナーすぎる香水を使っていることを伝えると、「マニアックだな」という具合に、ネガティブなイメージを抱かれるかもしれませんからね。

 

例えば、「有名すぎないが、百貨店などで普通に買えるレベルの香水」を選ぶといいでしょう。

 

男性ウケがいいのは、ヨーロッパブランドの香水!?

男性はヨーロッパブランドに対して、オシャレなイメージを抱くものです。

 

従って、ヨーロッパブランドの香水を使えば、男性ウケがよくなる傾向にあります。

また、香水の原産がヨーロッパであると、やはり男性ウケはよくなる傾向にありますね。

 

例えば、「イタリア製の香水を使っています」なんて伝えたら、「オシャレな人なんだな」と男性から思われることでしょう。

 

つまり、ヨーロッパブランド・ヨーロッパ製の香水を使うことも、モテることに繋がるのです。

 

TPOに合う香水を選ぶ

TPOをわきまえた香水選び

 

TPOに合わない香水を使う女性は、必ずモテません。

例えば、重要会議があるのにも関わらず、「ギャル感が漂う香水」を使っていたら、非常識な人だと思われてしまいます。

 

やはり、モテるためには、TPOに合う香水を選ぶべきなのです。

 

その香水は、仕事に支障をきたしてない?

職場に香水をつけてゆくのなら、特に「TPOに合う香水を選ぶこと」に留意しましょう。

 

例えば、あなたのファッション系統がギャル系で、「ギャル感が漂う香水」を使っているとします。

しかし、職場が堅実な雰囲気である場合、「ギャル感が漂う香水」をつけてゆくと、浮いてしまうわけです。

 

あーちゃん
職場に香水をつけてゆく場合は、TPOにそぐわないような香水をつけないよう、注意するようにしてください。

 

「仕事用の香水」と「プライベート用の香水」を分けてもいい

堅実な職場に勤めているのにも関わらず、ファッション系統がギャル系であるとします。

 

この場合、職場に「ギャル感が漂う香水」を、つけていくことはできません。

 

しかし、休日はギャル系ファッションですので、そのときは「ギャル感が漂う香水」を使いたいですよね。

この場合、「仕事用の香水」と「プライベート用の香水」とを、使い分けてみたらどうでしょう。

 

つまり、仕事に行くときは「大人しめの香水」を使い、プライベートでは「ギャル感が漂う香水」を使うのです。

このように、使い分ければ、仕事中とプライベート中とどちらも、香水を楽しむことができます。

 

少量の香水を買おう

少量の香水を買おう

 

同じ種類の香水でも、異なる用量で展開されていることがあります。

例えば、同じ種類の香水であっても、「25ml」「50ml」「100ml」という具合に、異なる用量で展開されているものなのです。

 

香水を購入するのなら、少量の香水を買うようにしてください。

つまり、「25ml」「50ml」「100ml」と展開されているのなら、「25ml」の香水を買うべきなのです。

 

香水の減りは、意外と遅いものです。

特に、数種類の香水を使い分ける場合は、より香水の減りが遅くなります。

 

また、香水を買ったものの、その香りに飽きることもあります。

このように、減りが遅い・飽きる可能性があるからこそ、少量の香水を買うべきなのです。

 

まとめ

30代女性に向けて、モテる香水の選び方を提案いたしました。

 

まず、自分のファッション系統を把握して、それに沿った香水を選ぶことが大切です。

 

あーちゃん
香水のブランドが、モテに繋がることもありますよ。

 

もちろん、TPOに合う香水を選ぶことも、モテる上では重要です。

世の中には、様々な香水が販売されています。

 

ぜひ、自分に合うベストな香水を、探してみてださい。

-香水

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.