体調管理

運動が面倒だと感じる人に提案!面倒くさがりな人は、どのように運動すればいい?

「運動をしよう」と考えると、とても面倒に感じますよね。

しかし、運動習慣化しなければ、健康維持はできません。

 

では、面倒くさがりな人は、どのように運動していけばいいのでしょうか。

 

通勤時にウォーキングをする

通勤時は1駅歩いてみる

 

通勤時にウォーキングをすれば、効率的な運動に繋がります。

 

また、通勤ついでに運動するわけですから、面倒くさがりでも続けやすいでしょう。

 

あーちゃん
ウォーキングは比較的楽な運動になりますので、運動自体も苦しむことなくトライできますよ。

 

1駅分歩くだけでも運動になる

仮に、1駅分の距離を、1kmだと考えます。

そして、あなたは歩行速度が、時速4kmだとします。

 

あーちゃん
この場合、1駅分を歩いた場合は、約15分のウォーキングをしたことになるわけです。

 

では、毎日の通勤において、1kmを歩いたら、どうなるでしょうか。

この場合、「毎日約15分のウォーキングをすること」になりますよね。

 

毎日約15分のウォーキングでも、健康維持には繋がります。

 

あーちゃん
つまり、通勤時にウォーキングをするだけでも、健康維持のための運動になるのです。

 

通勤時が運動時間になるので、忙しくても問題ない

通勤時にウォーキングをするわけですから、「忙しい中での効率的な運動」に繋がるでしょう。

また、通勤時にウォーキングをするわけですから、着替える必要もありません。

 

まさに、通勤時のウォーキングは、忙しいあなたに持って来いの運動方法なのです。

 

「運動する時間が取れない」「帰宅後は疲れていて運動する気になれない」というあなたは、ぜひとも通勤時のウォーキングを行ってみてください。

 

「運動したくない誘惑」にも負けにくい

私は、帰宅後に、ジョギングをしています。

つまり、帰宅後に、ジャージに着替えて、再び外に出ていくわけです。

 

やはり、疲れているときは、「ジョギングをサボって眠ってしまいたい」と思います。

帰宅後の運動は、一旦家に帰るわけですから、誘惑に負けやすいのです。

 

あーちゃん
やはり、家にはベッドなどの「誘惑グッズ」が、たくさんありますね。

 

そのため、面倒くさがりな人が、帰宅後に運動しようとした場合、誘惑に負けてしまうこともあるでしょう。

 

では、通勤時のウォーキングの場合は、どうでしょうか。

.

この場合、帰宅する前に運動することになるので、「運動したくない誘惑」には負けにくいはずです。

おそらく、「1駅分歩かず、電車に乗って帰りたい」という誘惑にさえ勝てれば、通勤時のウォーキングは続くでしょう。

 

好きな運動をする

面倒くさがりな人が、好きでもない運動をしても、続かないでしょう。

やはり、面倒くさがりな人は、好きな運動をすべきなのです。

 

あーちゃん
好きな運動をすれば、その運動に対して楽しい気持ちを抱けるため、長続きしやすいですよ。

 

「好きな運動=楽しい」ため続きやすい

「健康のための運動」と聞くと、筋トレやジョギングを浮かべがちです。

しかし、筋トレやジョギングに対して楽しさを感じられないと、トライする気にはなれないでしょう。

 

また、トライできたとしても、楽しくなければ、なかなか続きません。

健康維持のためには、運動を続けてゆくことが大切です。

 

そして、運動を続けてゆくためには、好きな運動をすることが重要なのです。

 

ぜひ、「面倒くさがりだけど運動したい」と思うのなら、好きな運動をしてみてください。

 

あーちゃん
やはり、「楽しい」と思える運動をすれば、自然と長続きしますよ。

 

「スポーツサークル」に参加してみては

様々な「スポーツサークル」が存在しますので、あなたの好きな運動を行うスポーツサークルもあるはずです。

 

私は、バドミントンが好きで、「趣味でバドミントンをしたい」と思っていた時期があります。

 

そのとき、インターネットでバドミントンを行うスポーツサークルを探してみたのですが、とても多くありました。

それこそ、競技者レベル・サークル人数・活動頻度なども、スポーツサークルそれぞれ違いました。

 

好きな運動が「団体競技」「相手を必要とする競技」である場合、1人ではプレイできません。

だからこそ、好きな運動を行うスポーツサークルに参加することを、オススメしたいのです。

 

あーちゃん
たくさんのスポーツサークルが存在するため、きっとあなたに合うサークルが見つかります。

 

とりあえず運動をしてみる

とりあえず運動が習慣化することも

 

とりあえず運動をしてみると、案外楽しむことができるものです。

また、とりあえず始めた運動が、習慣化されることもあります。

 

この、「とりあえず」という意識も、健康維持のための運動では重要なのです。

 

「とりあえず」が目標達成に繋がる

「とりあえずやってみたら目標達成していた」という経験を、あなたも持っているでしょう。

 

例えば、学生時代には、宿題が出されましたよね。

そして、この宿題に対して、面倒な気持ちを抱いたはずです。

 

しかし、とりあえず宿題をやってみたら、すんなりと手について、気づけば宿題を終えられたはずです。

このように、面倒なことであっても、とりあえずやってみると、目標達成できるものなのです。

 

運動に関しても、同じことが言えます。

例えば、「5kmジョギングしたいけど面倒」と、感じているとしましょう。

 

この場合、とりあえず走り始めてみると、案外すんなり5kmジョギングが終わるものです。

 

あーちゃん
もし、運動に対して面倒だと感じるのなら、とりあえずやってみて損はありませんよ。

 

「とりあえず」が習慣化に繋がる

習慣化されていることの多くは、とりあえず始めたことです。

試しに、習慣化されていることを1つ思い浮かべて、「それを始めたきっかけ」を考えてみてください。

 

私は、「靴紐を毎回結ぶ」という習慣を持っています。

そして、この習慣を始めたきっかけは、「とりあえずやってみた」なのです。

 

数年前、「靴紐を毎回結べば、靴の緩みがなくなって歩きやすくなるかも」と思いました。

そして、「とりあえず靴紐を毎回結ぶ」ようになり、それが快適で習慣化されたわけです。

 

このように、人間が行う多くの習慣は、とりあえず始めたことがキッカケです。

 

そして、運動習慣も、同じことが言えます。

 

つまり、とりあえず運動してみた結果、それが習慣化されることが多々あるのです。

「運動すべきか?」と悩んでいるくらいなら、とりあえず運動してみてください。

 

あーちゃん
もしも、その運動が快適なものであるのなら、知らぬ間に習慣化されているはずです。

 

オシャレなスポーツウェアを着てみる

運動をする際には、スポーツウェアを着ますよね。

この、スポーツウェアを、オシャレなものにしてみてはどうでしょうか。

 

やはり、オシャレなスポーツウェアを着れば、それだけで運動に対するモチベーションを高めることができます。

 

まとめ

運動が面倒だと感じるあなたに向けて、運動を習慣化する方法を提案しました。

例えば、通勤時にウォーキングをするなど、面倒くさがりなあなたでも、運動を続けることは可能です。

 

あーちゃん
ぜひ、健康維持のためにも、楽しく運動を続けられるようにしてください。

 

参考になれば幸いです。

-体調管理

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.