体調管理

上手なお酒の飲み方 上手に飲酒すれば、健康維持は可能!

健康を意識している人は、お酒との関わり方」で悩みがちです。

しかし、上手に飲酒をしていけば、健康維持することができます。

この記事では、健康維持を実現できる上手な飲酒方法について、提案をしていきます。

 

自分に合う飲酒量を知る

健康維持のためには、自分に合う飲酒量を知ることが大切です。

つまり、「どれくらいで酔うか」を把握することが、大切であるわけです。

 

この、「どれくらいで酔うか」を把握することが、飲酒しつつも健康維持をしていくための大原則だと言えます。

 

「どれくらいで酔うか」を把握しよう

「自分がどれくらいの飲酒量で酔うのか」ということを、把握しておくことが大切です。

やはり、「どれくらいで酔うか」を把握しておかないと、悪酔いしやすくなります。

 

仮に、悪酔いが続いてしまったら、不健康までは一直線となります。

 

だからこそ、「どれくらいで酔うか」ということを、把握しておくべきなのです。

例えば、今までのお酒の席などを思い出して、「どれくらいで酔うか」ということを、ジックリと考えてみてください。

 

飲酒するにしても、ほろ酔い程度に留める

飲酒をする機会は、たくさんあります。

 

例えば、会社の飲み会・友達との居酒屋など、様々な酒席がありますよね。

また、例えば嫌なことがあったときは、1人で飲酒したくなるものでしょう。

 

飲酒をすること自体は、悪いことではありません。

 

ただ、飲酒量が多くなってしまうと、健康を害してしまいます。

飲酒するにしても、ほろ酔い程度に留めてください。

やはり、ほろ酔い程度に留めれば、健康を害することはそこまでないでしょう。

 

だからこそ、先述したように、「どれくらいで酔うか」を把握してもらいたいのです。

 

ほろ酔い程度に留めれば、毎日飲んでもOK!?

あくまでも私の考えではありますが、「ほろ酔いに留めれば、毎日飲んでもOK」だと考えています。

ほろ酔い程度であれば、その後の睡眠には影響しないでしょう。

 

また、ほろ酔い程度であれば、二日酔いにもならないため、次の日の体調悪化にも繋がらないはずです。

だからこそ、「ほろ酔いに留めれば、毎日飲んでもOK」と私は考えるのです。

 

ただし、ほろ酔い程度に留めているつもりでも、「身体に負担がかかっている」と感じたら注意が必要です。

 

この場合、健康を害する恐れがあるので、飲酒量を減らすべきでしょう。

 

飲酒に対してポジティブになる

飲酒に対してポジティブになる

 

マインド的な話になりますが、飲酒に対してポジティブになると、健康維持にも繋がります。

 

やはり、飲酒習慣があるのなら、それを「いいこと」だと思うべきなのです。

ここからは、「飲酒」「ポジティブ」「健康」について、提案をしていきます。

 

お酒は人生を豊かにしてくれる

「飲酒=いけないこと」と認識している人は、とても多いものです。

また、「いけないことだ…」という罪悪感に苛まれながら、飲酒をしている人もいます。

 

確かに、泥酔をすることは、いけないことです。

 

しかし、ほろ酔い程度に留めて、「いい気分」になるのは、悪いことではないでしょう。

ほろ酔い程度に留めれば、いい気分にはなれますが、次の日に響くことはありません。

 

このように、ほろ酔い程度に留めれば、人生は豊かになるはずです。

 

飲酒=いい時間

「飲酒=いい時間」だと、認識することが大切です。

 

あーちゃん
実際、飲酒をしているときって、いい時間だと感じますよね。

 

そして、飲酒をしたところで、ほろ酔い程度に留めれば、健康を害することはそこまでありません。

 

もちろん、ほろ酔い程度に留めれば、誰にも迷惑を掛けないでしょう。

「ほろ酔い程度なら、健康を害しないし人に迷惑も掛けない」と考えれば、「飲酒=いい時間」だと認識できるはずです。

 

そして、「飲酒=いい時間」だと認識できれば、飲酒に対してポジティブになれるでしょう。

 

気持ち次第で、健康状態は変わる

「飲酒=いけないこと」だと思って飲酒をしたら、ネガティブになります。

一方で、「飲酒=いい時間」だと思って飲酒をすれば、ポジティブになれるでしょう。

 

「病は気から」という言葉がありますよね。

 

これは、「ポジティブ思考が健康に繋がる」とも、言い換えることができるでしょう。

つまり、ネガティブ思考で飲酒するよりも、ポジティブ思考で飲酒したほうが、健康に繋がりやすいのです。

 

あーちゃん
「飲酒=いい時間」だと認識して、飲酒に対してポジティブになってもらいたいものです。

 

睡眠時間を削ってまで飲酒しない

睡眠時間を削ってまで飲酒しない

 

睡眠時間を削ってしまうと、健康維持は実現できません。

 

つまり、睡眠時間を削ってまで、飲酒をすべきではないのです。

 

あーちゃん
飲酒は「睡眠時間を削ること」の原因になりやすいので、注意をしてください。

 

睡眠時間を削ると、一気に不健康になる

飲酒をほろ酔いに留めたとしても、睡眠時間を削ってはいけません。

やはり、睡眠時間を削ると、一気に不健康へと向かってしまいます。

 

例えば、次の日が仕事であるのにも関わらず、深夜まで飲酒をしたら、どうなるでしょうか。

この場合、大幅に睡眠時間が削られるため、病気になるかもしれませんよね。

 

先ほど、「飲酒=いい時間」だと、述べました。

 

しかし、睡眠時間を削ってまで、飲酒をすべきではないのです。

確かに、「飲酒=いい時間」ではありますが、「睡眠よりも飲酒を優先する」ということをしてはいけないわけですね。

 

「睡眠>飲酒」を守る

飲酒習慣を持ちつつ、健康維持も実現したいのなら、「睡眠>飲酒」を守るようにしてください。

つまり、いかなる状況に陥っても、飲酒よりも睡眠を優先すべきなのです。

 

生きていると、飲酒に関する様々な誘惑が襲ってきます。

 

例えば、「友達と居酒屋で会話する時間が楽しくて、朝まで飲み続けたくなる」という状況が訪れるかもしれません。

しかし、本当に朝まで飲み続けたら、「睡眠>飲酒」を破ることになります。

 

ひいては、睡眠時間が足りずに、不健康に向かう可能性が高いでしょう。

 

「睡眠>飲酒」という式を、頭に入れておくようにしましょう。

そして、飲酒の誘惑が襲ってきたら、「睡眠>飲酒」の式を思い出してください。

 

飲酒は睡眠時間を削りやすい

楽しいアイテムは、ときに睡眠時間を削る原因となります。

 

例えば、「学生時代に睡眠時間を削ってまでゲームやガールズトークに華を咲かせた」という経験を、あなたはお持ちではありませんか?

これらは、「楽しいアイテム」です。

そして、この「楽しいアイテム」は、ときに睡眠時間を削ってしまうのです。

 

ゲームやおしゃべりと同じように、お酒も「楽しいアイテム」です。

従って、飲酒が原因で、睡眠時間を削りたくなることが多々あります。

 

あーちゃん
「睡眠>飲酒」の式を頭に入れておき、誘惑に負けそうになったら、それを思い出すことが大切なのです。

 

まとめ

  • ほろ酔い程度に留めること
  • 睡眠時間を削ってまで飲酒しないこと

 

これらが、健康維持を実現する上手なお酒の飲み方です。

 

「どれくらいで酔うか」を把握することで、ほろ酔い程度に留めることができます。

そして、「睡眠>飲酒」の式を頭に入れることで、飲酒が原因で睡眠時間が削られるのを、避けることができます。

 

ぜひ、上手にお酒と関わって、健康維持を実現しつつ、楽しく飲酒していくようにしましょう。

-体調管理

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.