体調管理

寝れない夜の過ごし方。眠れなくても、過ごし方次第で健康を維持できる

寝れない夜を過ごしていると、「不健康だな」と思いがちです。

しかし、寝れない夜だとしても、過ごし方次第で、健康維持をすることは可能です。

 

あーちゃん
では、どのように過ごせば、眠れない中でも、健康維持をできるのでしょうか。

 

安静にする

夜に寝れないとしても、安静にしてください。

つまり、「どうせ寝れないから」と言って、昼のように過ごしてはいけないわけです。

 

この、安静にするということは、寝れない夜の過ごし方の大前提となります。

 

ベッド上で安静にするのがベスト

寝れないとしても、ベッド上で安静にするようにしてください。

 

よく、「寝れないから」といって、昼のように過ごしてしまう人がいます。

例えば、「どうせ寝れないから」と、テレビを見てしまう人は多いでしょう。

 

しかし、寝れない夜に、昼のように過ごしていては、いつまで経っても寝付けません。

たとえ、寝れないとしても、ベッド上で安静にすべきなのです。

 

あーちゃん
やはり、ベッド上で安静にしていれば、いつの間にか寝られるかもしれません。

 

「寝れない夜=休むための時間」と捉えよう

寝れない夜に対して、「寝るための時間」だと考えるから、眠れないことに焦りを感じるのです。

 

やはり、「寝るための時間」なのにも関わらず、寝られないわけですから、ストレスを感じるでしょう。

 

では、寝れない夜を、「休むための時間」と捉えてみてはどうでしょう。

「休むための時間」と捉えれば、寝られない夜でも休むことはできているので、ストレスは軽減されるはずです。

「今は寝れない夜を過ごしている。でも、休むことはできているし、仕事の時間に比べれば楽だ!」なんて思ってみてはどうでしょう。

 

あーちゃん
そう思うことができれば、寝れない夜でも、意味のある時間だと思うことができますよ。

 

音を楽しむ

眠れないときは音楽で心をリラックス

 

寝れない夜に目を使ってしまうと、余計に目は冴えてしまいます。

例えば、寝れない夜にテレビを見てしまうと、脳が「今は昼だ」と錯覚して、より眠れなくなってしまいます。

 

では、寝れない夜は、音を楽しんでみてはどうでしょうか。

 

YouTubeなどの音声を楽しむ

YouTubeには、音声のみで楽しめる動画も投稿されています。

 

例えば、私なんかは、芸人トーク動画なんかを、よく聴きます。

芸人トーク動画って、とても楽しく聴けるんですよね。

 

そのため、寝れないとしても、その動画を聴くことで、楽しい時間を過ごすことができています。

ぜひ、寝れない夜には、YouTubeに投稿されている、音声のみで楽しめる動画を聴いてみてください。

 

あーちゃん
これはあくまでも「耳」で楽しんでください。

 

おもしろいからとつい動画を観てしまいがちですが、あくまでリラックスするためのいち手段ですので、耳で楽しみましょう。

 

音量はもちろん控えめがベストですよ。

 

「寝れないとき用リスト」を作っておくといい

YouTubeでは、見たい動画を保存してリスト化できます。

ぜひ、興味のある動画を保存して、「寝れないとき用リスト」を作るようにしてください。

先ほどは芸人トークを例にしていますが、ヒーリング音楽などもあります。

 

なかでも楽器に注目するとなおよしです。たとえば・・・

  • オルゴール
  • ピアノ
  • ハープ

 

あーちゃん
これらの楽器は心を落ち着かせる効果もありますので、おすすめです。

 

寝れない夜には、YouTube動画を聴くといいと先述しました。

しかし、動画が終わるたびに、他の動画を探していては、なかなか寝付けません。

 

やはり、寝付きたいのであれば、好きな動画が自動再生されるべきでしょう。

YouTubeは、リスト化した動画を、順番に自動再生することができます。

 

だからこそ、「寝れないとき用リスト」を、作っておいてもらいたいのです。

 

ラジオは時刻発表するので焦りに繋がる

「寝れない夜にラジオを聴くのもいいのでは」という声が、聞こえてきそうです。

 

しかし、私は寝れない夜にラジオを聴くことを、オススメしません。

 

ラジオですと、「1時です」「2時です」「3時です」という具合に、時刻発表(時報)をしますよね。

やはり、時刻発表されると、「寝れない焦り」を感じてしまうものです。

 

「もう3時か… 早く寝付かないと、仕事に響くよ…」という具合に、焦りを感じやすいものです。

 

従って、寝れない夜であるとしても、ラジオを聴くのは避けてもらいたいのです。

やはり、寝れない夜は、YouTubeや音楽など、時刻発表しないツールを活用すべきでしょう。

 

香りを楽しむ

眠れないときは香りで心を落ち着かせて

 

どうせ寝れないのですから、アロマの香りを楽しんでみてはどうでしょうか。

 

やはり、眠れないとしても、アロマの香りが癒しとなって、いい時間を過ごせます。

また、安眠効果のあるアロマを焚けば、すんなりと寝付くことができるかもしれません。

 

アロマを焚くと、寝れなくても心が癒される

寝れない夜を過ごすとしても、部屋がいい香りで包まれていたら、心が癒されるものです。

 

だからこそ、寝れない夜のアイテムとして、アロマを使ってもらいたいのです。

アロマオイルは、1瓶だいたい1,000円前後で売られています。ぜひ、お気に入りのアロマオイルを、集めてみてください。

きっと、ベッドに入る前には、「どのアロマオイルを焚こう」という具合に、楽しむことができるでしょう。

 

安眠効果のあるアロマオイルを焚けば眠れるかも

安眠効果のあるアロマオイルも、たくさん存在します。

例えば、ラベンダー・ベルガモット・イランイランなどが、安眠効果のあるアロマオイルの代表例でしょうか。

 

このように、安眠効果のあるアロマオイルを使えば、すんなりと寝付けるかもしれませんね。

また、寝付けないにしても、リラックスを感じることはできるでしょう。

せっかく、寝れない夜にアロマを焚くのですから、安眠効果のあるアロマオイルも活用してみてください。

 

私が実践している「寝れない夜の過ごし方」

私は、「7時間は寝たい」と考えています。

そのため、次の日の起床時間から逆算して、その日のベッドに入る時間を決めています。

 

例えば、次の日の7時に起きたいのなら、0時にベッドに入るという具合にです。

 

寝れないとしても、ベッド上には身を置いて、安静にしています。

そして、YouTubeで芸人トークやヒーリング音楽の動画を流して、それを聴いています。

また、余裕があるときは、安眠効果のある、イランイランのアロマオイルを焚いています。

 

寝れない夜を過ごした場合、次の日は寝不足なわけです。そのようなときは、果実系のアロマオイルを焚いて、リフレッシュをしています。

これが、私が実践している、「寝れない夜の過ごし方」です。

 

あーちゃん
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

寝れない夜であっても、ベッド上で安静にするようにしてください。

 

仮に、寝れない夜が訪れてしまったのなら、その時間を「休むための時間」と捉えることが大切です。

ベッド上で安静にしながら、YouTubeの動画を聴いたり、アロマの香りを楽しんだりするといいでしょう。

 

すると、自然と寝付いていけるかもしれませんよ。

-体調管理

Copyright© BEAUTY LIFE , 2019 All Rights Reserved.